「ほっ」と。キャンペーン

有田健太郎のエッセイコーナーです


by ak-essay

今日から冬

冬の入り口、落ち葉がハラハラ舞っている。
今年の紅葉はきれいよね。
テレビではそんなことはないと言っているけど、あれはウソだ。
今年の首都圏の紅葉は、自分が上京してから一番きれいだよ。

桜にポプラ、けやきにハナミズキ。
そんな並木道を歩いてたら、、切なくなるよね。


e0071652_15463619.jpg
【新宿御苑にて】



仕事で新宿に来ていた。
陽の角度は40度を下回り、夕方への境目。
早々に仕事を終わらせて駅に向かう途中、『新宿御苑』の看板が目についた。

こんもり茂る御苑の暖色の木々に、思わず信号を渡ってしまったよ。
前から気になってたんだ。

入園料も200円と安くて、ゲートの前にくると、まるで映画館に入るみたいに楽しくなってきた。

新宿御苑とは、天正18年(1590)に豊臣秀吉から関八州を与えられた徳川家康が江戸城に入城した際、譜代の家臣であった内藤清成に授けた江戸屋敷の一部らしい。


e0071652_1665540.jpg
【ポプラと秋】



おおー、一人遠足みたいだ。

ガイドマップ片手にフムフムと園内を歩いてゆく。

おいおい御苑って、でっかいぞ…

夕日はさらに傾き、閉園までの時間は1時間半程。

急がねば、、どこをどう回ろう。

だけど、、あせったってしょうがない。

しばらく芝生でミルクティー。

その後の僕は、きっとカメラとともに犬みたいだったと思う。


e0071652_1615191.jpg
【もうすぐ、冬の空が見えてくるでしょう】



園内は、おじいさんおばあさん、カップル、フリスビーの外人(うざい)、一人で本を読む人、様々な人達がそれぞれによい時間を過ごしていた。
その中をゴロゴロとありけんは駆けてゆく(もっとうざい)。

おおー

おおーー

最高の気分って、誰かに伝えたくなるよね。


ポプラ並木の場所に来た。

落ち葉の並木道にどっしりとした木製のベンチ。
まるでハリウッドロマンス映画の別れのワンシーンみたい。
この場所は、たまに行くビルの屋上から見えてて、いつか行ってみたいと思ってったんだ。
洋風だな〜


e0071652_16232955.jpg
【ポプラの葉、ありけんの足に隠された夕日】



夕日はさらにちからを弱めて、代々木のランドマークのDoCoMoビルに隠れはじめた。

広い芝の敷地から一人また一人とビル群へ帰ってゆく。


e0071652_16422840.jpg
【大木とメタセコイア】



おれも帰ろう。。




e0071652_16471369.jpg
【やがて新宿に星空】



御苑のゲートを出た頃は、すっかり陽が落ちていた。


確かすぐ近くに馬場君(サポートパーカッション)の仕事場があったな。

邪魔しにいこう。

さらに、すぐ近くで大友(CDのジャケット写真を撮ってくれた後輩)が個展をやってるっていってたな。

邪魔しにいこう。

ああっ!

博多天神(ラーメン屋)もあるやんか。

食べていこう。



気づけば、空っ風にクリスマスツリー。

季節のバトンタッチは今日やね。


おれも頑張ろう。


しかし、今日はたくさん歩いた。
[PR]
by ak-essay | 2007-12-01 16:32